test data

吐水流量測定試験

吐水流量測定試験を行い、節水率を測定した。

JIS S 8302:2002「ポンプ吐出し量測定方法」に示された容積法により、

シャワーなし 、一般シャワー 、ヒーリングシャワー、

それぞれの吐水流量を測定し比較した。

■試験条件

 動水圧:0.1MPa

 水   温:20℃~22℃

HS_tosuiryoshiken.png

試験機関:一般財団法人日本食品分析センター

吐水流量比較試験

HS_tosuiryohikaku.png

一般シャワーの吐水流量(13.2L/分)に対し、ヒーリングシャワーは(7.7L/分)となった。

今回使用した一般シャワーと比べ、ヒーリングシャワーは約41.7%の節水効果があることが確認できた。

※節水効果は、ご使用の使用環境等により異なります。

 

遊離残留塩素除去性能試験

遊離残留塩素除去を測定した。ヒーリングシャワーに断続通水し試験を行った。

HS_yurizanryuenso_shiken.png

※マイクロパッドの目詰まりによる流量低下が発生した場合、残留塩素除去能力が向上するため、2500L毎で交換を行った。尚、マイクロパッドは残留塩素を除去する性能は有していない。

500L毎にヒーリングシャワー通過水の残留塩素を測定した。

初期時から10000Lまで安定し、残留塩素の除去(検出限界:0.05mg/L)

が確認できた。

HS_yurizanryuensohyo.png